SOU・SOU高島縮の夏向け涼感マスクにSサイズ登場

伝統的な素材や技法を用い、日本の四季や風情をポップに表現したデザインが人気の京都のテキスタイルブランド「SOU・SOU」が4月に発売し、通算20万枚を売り上げた人気のマスクのSサイズが登場。オンラインで予約販売をスタートした。吸汗性や速乾性に優れた高島縮を使用した夏にぴったりのマスクだ。

SOU・SOUの涼感マスク

涼しくておしゃれな人気のマスクに待望の小さめサイズ

SOU・SOUのマスク サイズ

滋賀県高島市で生産される高島縮を外布と内布の両方に使ったこのマスク。今回、女性や子どもにも合うSサイズが登場したことで、親子でのおそろいも可能になった。

夏にぴったりの高島縮を使用

SOU・SOUのマスクは高島縮

高島縮は、江戸時代から200 年の歴史をもつ日本の伝統織物。表面にシボと言われる凸凹があるため肌と密着しにくく、 吸汗性や速乾性、通気性、吸湿性、放湿性にも優れているため、昔から肌着やステテコなどに用いられてきた。洗濯機で洗うことができ、洗うごとに肌になじむやわらかな風合いに変化してくるのも魅力。 SOU・SOUでは、坂尾織物社製の高島縮を使用している。

日常をおしゃれに彩る京型友禅

SOU・SOUのマスク
高島縮を用いたテキスタイルマスク 各528円(税込)

柄は、SOU・SOUの人気柄から、日常のおしゃれにもぴったりなものをマスク用に厳選。日本の伝統を感じさせながらも、現代のスタイルにしっくりなじむ可愛らしいデザインで、つけるたびに楽しい気分にさせてくれる。

SOU・SOUのテキスタイルは、すべて京都の染工場による手捺染(てなせん)と呼ばれる京型友禅。型の合わせ具合や重ね合わせによる色の表現などに、熟練した職人技が光る。なお、SOU・SOUの生地には、規制対象の有害物質(24種類の特定芳香族アミン)を生成するアゾ染料を使用していないのも特徴。

SOU・SOUのテキスタイルは京友禅
SOU・SOUのテキスタイルは、すべて京都の染工場による手捺染(てなせん)と呼ばれる京型友禅

家族や友達とおそろいを楽しめるおしゃれで快適なマスクで、夏を乗り切りたい。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る