「ラン活」の第一歩。土屋鞄製造所が2023年度入学用ランドセルのカタログ予約受付スタート

2022年度向け製品カタログより

工房系ランドセルメーカーの老舗「土屋製造所」が、公式サイトでの2023年度入学用ランドセルのカタログの予約受付を開始しました。

カタログには、2022年3月上旬から販売開始予定の全製品の情報だけでなく、ランドセル選びのポイントや職人の思いなども紹介され、自宅でゆっくりランドセル選びを始めたい人にもぴったりな内容となっています。

工房系ブランドの代表「土屋鞄」

2022年度向け製品カタログより

土屋鞄製造所は1965年創業の鞄メーカー。職人が一つひとつ手作りする「工房系」ランドセルメーカーを代表するブランドとしても知られています。日本製の高品質なランドセルは、東京と長野の3つの工房で、約200人の職人により、150以上のパーツを使い、300を超える行程を経て完成。ランドセル一つあたり50人以上が関わっているのだそう。

高い品質だけでなく、小学校を卒業するまでの6年間、無償で修理を受けられる保証や、使い終わったランドセルを職人の手で仕立て直す「ランドセルリメイク」などのサービスが用意されているのも、支持され続けている理由です。

2023年度のランドセルは全63製品をラインナップ

2022年度向け製品カタログより

土屋鞄のランドセル2023年度モデルは、全63種、カラーは約50色をラインナップ。子どもや親世代の好みの多様化に対応すべく、過去最多級の種類とカラーが揃います。

2022年2月初旬に公式サイトで情報を公開し、2022年3月上旬から販売開始予定。取り扱い店舗は、全国11都府県14店舗(直営店と提携店を含む)のほか、店舗のない道府県への出張店舗も登場します。

「高機能」&「ジェンダーレス」なモデルに注目

2022年度向け製品カタログより

2023年度のランドセルのキーワードは、「機能性」と「ジェンダーレス」。機能性にこだわったモデルでは、素材の一部に人工皮革を取り入れることで、軽量化を実現。さらに一番大きな収納部のマチを約1cm広くして、タブレット端末なども収納しやすくなりました。

ジェンダーレスなカラーとデザインが魅力の「レコ」シリーズ

2022年度用モデルとして登場し、一番人気となった「レコ(RECO)」シリーズにも注目。「色選びの自由を広げる」というコンセプトのもと、ジェンダーレスなベーシックカラー全5色が揃うシリーズで、性別にとらわれず子どもの個性に合わせた色を選びたい、という現代の家族の価値観に合わせて誕生。シリーズ全体の全売上が土屋鞄のランドセル全製品の約2割を占めるほどの人気となっています。そんなレコシリーズに、2023年には新色が仲間入り。さらに、著名ファッションブランドとの初コラボモデルも登場予定です(2022年1月に発表予定)。

ランドセル商戦が年々早まるなか、土屋鞄では、「ラン活」の最初のステップであるカタログ予約の開始日を今年は例年より約1ヶ月前倒し。配布予定数である20万部に達し次第受付を終了予定です。

土屋鞄製造所公式サイト 2023年度入学用ランドセルカタログ予約ページ
問い合わせ先:株式会社 土屋鞄製造所 お客様サポート係 0120-907-647(平日10:00~17:00 ※年末年始休業・臨時休業有り)

関連記事

職人の手仕事による、丈夫でシンプルなランドセルが人気の土屋鞄製造所が、新シリーズ「レコ(RECO)」を発表。2022年入学用ランドセルの注文受付を2021年3月10日にスタートします。 子どもの「好き」を応援する「レコ」シリ[…]

土屋鞄の新ランドセル「レコ」シリーズ
関連記事

職人の手仕事による高品質なランドセルが人気の土屋鞄製造所が、使い終わったランドセルを職人の手で仕立て直す「ランドセルリメイク」を今年度も実施しています。 昨年度も展開していた「ミニチュアランドセル」「ランドセル型フォトフレーム」「パ[…]

関連記事

ランドセルとフレグランスアイテムを中心に取り扱う、グリローズ(grirose)が、2022年入学用モデルのランドセルの全ラインアップを発表。2021年3月10日から、直営店舗とオンラインストアで注文受付を開始します。 今年は[…]

グリローズ 2022年度入学用 ランドセル

土屋鞄製造所の記事をもっと見る

ランドセルに関する記事をもっと見る

最新情報をチェック!