シュタイフの日本限定クリスマステディベア「リトルサンタ 2021」の予約がスタート

「シュタイフ(Steiff)」が、毎年日本限定で発売するテディベア「リトルサンタ」の2021年クリスマスモデルを発表。発売に先駆けて、公式オンラインショップと一部店舗での予約販売の受付をスタートしました。

シュタイフのテディベア

欧州などでは出産祝いの定番であるテディベア。1880年にドイツで創業し、世界で初めてテディベアを作ったと言われるシュタイフは、テディベアのトップブランドとして、欧米では「出産祝いならシュタイフ」と言われているほど、不動の人気を誇っています。

世界で最初のテディベアとよばれるシュタイフの「55PB」

そんなシュタイフの歴史にはこんな逸話が。創業者であるマルガレーテ・シュタイフは、幼少時に小児麻痺を患い右手と両足が不自由になりますが、障がいがあっても自立できるようにと願った両親のもと教育を受け、裁縫もマスター。20代の時にシュタイフの前身である「フェルト・メール・オーダーカンパニー」を設立し、女性や子どもの服の販売を始めました。1880年に甥や姪たちへのクリスマスプレゼントとして、シュタイフ誕生のきっかけと言われるぬいぐるみ製作。この年がシュタイフの創業の年とされています。

その後、甥の提案により世界初のテディベアとよばれる「55PB」が誕生。上質な素材を使用し、首や手足が動くよう設計された、上品なデザインのぬいぐるみは、その後アメリカにも広まります。品質を保証するトレードマークを採用したのもシュタイフが世界初。本物である証として左耳にボタンをつける「ボタン・イン・ イヤー」は、今でもシュタイフの製品に使用されています。 

日本限定クリスマスモデル、リトルサンタ

シュタイフのリトルサンタは、1997年から毎年、異なるモチーフで登場する日本限定のクリスマスモデル。1997年発売の初代リトルサンタは、クラシカルで正統派なデザインに、真っ赤なベルベットのジャケットと帽子を着用。その後、クリスマスツリーをモチーフにしたテディベア(2015年)や、クラシックなクリスマスをイメージした、ケープを被ったテディベア(2018年)など、個性豊かなモデルが登場しています。 

リトルサンタ 2021はクラシックなデザイン

 

今年発売の「リトルサンタ2021」は、シックなベージュカラーと、あどけない表情が魅力のクラシックなデザインのテディベア。

赤いクリスタルガラスがきらめくヒイラギモチーフのチャームが付いたリボンが胸元にあしらわれ、クリスマスムードを演出。足にはゴールドの雪の結晶とともに、「2021」「Little Santa」の刺繍が施されています。

リトルサンタ 2021
数量:日本限定 1,500体 
価格:¥36,300
予約:シュタイフ公式オンラインショップ、シュタイフ青山、シュタイフそごう横浜店、シュタイフ名鉄百貨店本店、シュタイフあべのハルカス近鉄本店、シュタイフ秋田、シュタイフ大丸福岡天神店、シュタイフ岡山店

関連記事

ベビー&キッズのためのギフトブランド「マールマール(MARLMARL)」が、今年の秋冬シーズンの新作を発売しました。「Fashion!(ファッション!)」をテーマに、ファッションを通じた親子のコミュニケーションにワクワクして欲しい[…]

関連記事

ニューヨーク発のベビー&キッズライフスタイルブランド「エイデンアンドアネイ(Aden & Anais)」が、新生児向けのギフトセットを発売しました。生まれてすぐから使える、スワドルなどの人気アイテム3種がオリジナルボックス[…]

関連記事

フランスのベビーブランド「カルー(Kaloo)」が、4つの新作コレクションを発売しました。柔らかな素材を使用した、愛くるしいデザインのぬいるぐみやドゥードゥーをラインアップ。それぞれのアイテムのイメージに合わせてデザインされたボッ[…]

出産祝い・出産準備におすすめのベビーアイテムをもっと見る

最新情報をチェック!