家族で職人のものづくりを体験。土屋鞄製造所が敬老の日ワークショップ開催

職人の手仕事によるランドセルが人気の土屋鞄製造所が、9月の敬老の日に合わせて、家族で楽しめるワークショップを開催します。同社のランドセル専門店「童具店」(9店舗)にて、2021年9月16日〜9月20日の5日間開催予定。

対象は6歳以下(小学生未満)の子どもと家族で、1回の開催につき1家族限定の完全予約制。予約は8月25日に受付を開始します。

家族水入らずで楽しめるワークショップ​

土屋鞄では、「お子さまとご家族で一緒にものづくりを体験することで、思い出の時間やアイテムをつくっていただけたら」という思いから、新型コロナウイルス流行前からワークショップを開催しており、これまでに毎年延べ1万人以上の子どもが参加しています。今回の開催は、2020年2月ぶりの店舗でのイベントとなり、感染防止対策を徹底して行われます。

職人と同じ道具を使ってオリジナルキーホルダー作りに挑戦

ワークショップでは、土屋鞄のランドセル製作で余った革と、職人がランドセルづくりで使うものと同じ道具を使い、「革の似顔絵キーホルダー」を作ります。顔型のパーツや好きなパーツを使って、自由にデザインすることが可能。店舗スタッフのサポートにより、小さな子どもでも安心して体験できます。おじいちゃんやおばあちゃんの顔を見たり思い出したりして作れば、敬老の日のプレゼントにもぴったりです。

チェキの撮影サービスやラッピングサービスも

参加者には、家族みんなでチェキで記念撮影した写真のプレゼントや、作ったキーホルダーを台紙に飾ってメッセージカードにできるサービス、できあがったキーホルダーや撮った写真を遠方に住むおじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼント用にラッピングするサービスなども用意されています。

空いた時間でランドセル選びも

ワークショップが早めに終われば、空いた時間でランドセル選びも可能。ランドセル選びのために別途来店予約する必要はありません(ただし、ワークショップは完全店舗貸し切りではないため、同じ時間に別の来店客がいる可能性があります)。

敬老の日ワークショップ
開催日:2021年9月16日(木)〜9月20日(月祝・敬老の日)
所要時間:45分程度、各日7部制(完全予約制)
開催店舗:童具店各店(仙台、中目黒、南町田、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡) ※西新井本店、軽井澤工房店での開催はなし
対象:6歳以下(小学生未満)の子どもと家族 ※1人1個、1家族で最大3個まで製作可能
参加費:無料
予約方法:8月25日(水) 10:00から土屋鞄のランドセル公式サイト(下記)にて予約受付開始
敬老の日ワークショップ予約ページ
問い合わせ先:電話 0120-907-647(平日10:00~17:00)、メール jr-support@tsuchiya-kaban.com 

関連記事

職人の手仕事による高品質なランドセルが人気の土屋鞄製造所が、使い終わったランドセルを職人の手で仕立て直す「ランドセルリメイク」を今年度も実施しています。 昨年度も展開していた「ミニチュアランドセル」「ランドセル型フォトフレーム」「パ[…]

関連記事

職人の手仕事による、丈夫でシンプルなランドセルが人気の土屋鞄製造所が、新シリーズ「レコ(RECO)」を発表。2022年入学用ランドセルの注文受付を2021年3月10日にスタートします。 子どもの「好き」を応援する「レコ」シリ[…]

土屋鞄の新ランドセル「レコ」シリーズ
関連記事

土屋鞄製造所が手掛ける、フランス・パリの街並からインスパイアされた上品なデザインのランドセルが人気のブランド「グリローズ(grirose)」が、ランドセルカバーとパソコンケースを発売しました。ランドセルデザイナーが描いたオリジナル柄のテキ[…]

ランドセルに関する記事をもっと見る

家族で楽しめる土屋鞄製造所の敬老の日ワークショップ
最新情報をチェック!