思い出が詰まったランドセルをスツールに。池田屋がリメイクサービス開始

静岡の鞄メーカー「池田屋」と家具メーカー「ヒノキクラフト」が、思い出が詰まったランドセルを一点もののスツール(折り畳み式のイス)にリメイクする新サービスをスタートします。池田屋のランドセル以外でもリメイク可能。初回注文受付は2022年1月11日を予定しています。

子どもたちを笑顔にする池田屋のランドセル

池田屋は、1950年の創業以来、使う子どものことを第一に考えたランドセルを作り続けてきました。雨の日でもカバーいらずの防水性や軽い背負い心地を実現する設計など、全モデルに同じ機能・性能を搭載し、性別などに関係なくすべての子どもたちが自由に好きなものを選ぶことができるラインナップもが魅力です。

そんな池田屋のランドセルの愛用者からの、「卒業して使わなくなったランドセルをなかなか捨てられない」「何かにリメイクしたい」というに応え、「せっかくリメイクするなら、愛着を持って使える道具に」という思いから、普段使いできるスツールにするサービスが誕生したのだそう。

インテリアとしてはもちろん、アウトドアでも活躍するスツールに変身

スツールには、ランドセルのカブセ(ふたの部分)を座面に使用。池田屋のランドセルと同じく、シンプルでありながら存在感のあるデザインと、使いやすく工夫された機能性を兼ね備えています。畳んでコンパクトになるので、インテリアとしてはもちろん、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

スツールの製作を手掛けるヒノキクラフトは、静岡市に本社を置く家具メーカー。座面は張り替えることもできるので、メンテナンスしながら長く愛用できます。

本体の木材は、日本ヒノキ、チェリー、ウォールナットの3種類から、ランドセルの色に合わせて選ぶことができ、サイズもアウトドア用とインドア用の2種類が用意されています。

日本ヒノキは、美しい光沢のある白い木肌が特徴で、軽く、経年変化により色が濃く艶やかに変化するのを楽しめます。チェリーは、知いつで柔らかな木肌が特徴。こちらも、時間とともに風合いが変化していきます。ウォールナットは、紫がかった暗褐色で高級感のある雰囲気に仕上がります。

ランドセルのリメイクサービス
第1回 注文受付開始予定日:2022年1月11日(火) 13:00ごろ~ 
※数量限定、公式サイトにて受付
※池田屋ランドセル以外のランドセルも受付可能
※注文後2週間以内にランドセルを送付する必要があるため、現在6年生のお子さま分は卒業後にご注文ください
※第2回の受付日は決まりしだい発表

ランドセルスツール商品仕様
3種類の材質、2種類のサイズから自由に組み合わせていただけます。
材質(全3種):日本ヒノキ、チェリー、ウォールナット)
価格:日本ヒノキ ¥18,700、チェリー ¥19,800、ウォールナット ¥20,900
サイズ(全2種):アウトドア用 幅 31cm×奥行 35cm×高さ 約34cm(折り畳み時:幅 31cm×奥行 9cm×高さ 約45cm、インドア用 幅 35cm×奥行 35cm×高さ 約42cm(折り畳み時:幅 35cm×奥行 9cm×高さ 約53.5cm)
重量:日本ヒノキ アウトドア用 1.5kg インドア用 1.8kg、チェリー アウトドア用 1.7kg インドア用 2.0kg、ウォールナット アウトドア用 1.7kg インドア用 2.0kg
仕上げ:環境型ナチュラルオイル

池田屋公式サイト

関連記事

2022年度向け製品カタログより 工房系ランドセルメーカーの老舗「土屋製造所」が、公式サイトでの2023年度入学用ランドセルのカタログの予約受付を開始しました。カタログには、2022年3月上旬から販売開始予定の全製品の情報だけでなく[…]

関連記事

職人の手仕事による高品質なランドセルが人気の「土屋鞄製造所」が、使い終わったランドセルを職人の手で仕立て直す「ランドセルリメイク」を今年度も実施しています。 昨年度も展開していた「ミニチュアランドセル」「ランドセル型フォトフ[…]

関連記事

[sitecard subtitle=グリローズ2023年度入学用モデルランドセルの記事はこちら url=https://sty6mag.com/grirose-2023/] 土屋鞄製造所が手掛ける、フランス・パリの[…]

ランドセルに関する記事をもっと見る

池田屋のランドセルのリメイクサービス
最新情報をチェック!